第28回「実物大構造物モデルを用いた実務研修」を開催しました|茨城県建設技術管理センター

一般財団法人茨城県建設技術管理センター

infomation

第28回「実物大構造物モデルを用いた実務研修」を開催しました

 6月5日に第28回「実物大構造物モデルを用いた実務研修」を開催しました。

 

 本研修は、土木コンクリート構造物における施工不良を再現した実物大の構造物モデルを活用した研修です。
 午前中は主に設計分野、午後は施工分野に焦点を当て、座学及び実際に構造物モデルを使いながらの研修を行いました。また、レディーミクストコンクリートについてミキサーで製造し、品質管理に係る各種試験の実演も行いました。
 当日は40名の建設関係の皆様が受講し、「最近の設計トレンドを知ることが出来た」、「監督員として注意すべき点を理解できた」等の声が聞かれました。
 なお、次回は10月に開催を予定しています。ぜひ、参加をご検討ください。

 

【参加者内訳】
建設業 コンサル業 県土木部 県農林水産部
12名 13名 10名 5名